ロータリーとは

ロータリーは国際奉仕団体です。
ロータリーの会員は、各自の地域社会で、また世界の各地で、他の人たちを助けようと自発的に時間と援助資金を傾注して奉仕する事業と専門職務のリーダーです。

ロータリープログラムは、貧困、飢餓、識字不能、薬物濫用、汚染などの重要な問題と取り組む多様な奉仕プロジェクトを実施します。

青少年への奉仕は主要な強調事項の一つです。明日のリーダーと一緒に、また彼らのために活動し、ロータリーは、若者や若い成人の奉仕クラブを提唱し、職業開発や指導プログラムを提供しています。

ニーズがあれば何処ででも、ロータリーはそれに応えて活動します。
非政治的な民間の奉仕活動を基調とする自治組織であるロータリークラブは、地域社会のニーズに革新的な方法で応えます。

ロータリーの会員は、子供たちへの定期的な予防接種、医療や歯科診療所、安全な上水・下水システムの建設を通じ、暮らしの質を向上しています。クラブはまた、暴力防止プロジェクトを実施し、平和な地域社会づくりに尽力しています。

ロータリアンは初等教育、職業教育、成人教育を強化するプログラムを開発し、読み書き不能の問題と取り組んでいます。

国際的保健キャンペーンの陣頭に立っても、大規模な識字率向上イニシアチブを開始しても、ロータリーは常に自分達の用具やノウハウを駆使して改革を成功へと導きます。

ロータリーの会員は、その時間、技能、専門知識、他の様々な資源を、人間の生活の質の向上にささげます。

クラブ会員は、ロータリー財団のプログラムを通じて国際奉仕を支援しています。ロータリー財団は1917年、世界で何か善い事をしようという目的で創設されたもので、会員の寄付により支えられています。

少なくとも2つの国のロータリークラブが関与するロータリー財団の人道的補助金は、特に開発途上国で、医療や補給金、清浄な飲料水、食料、職業訓練、教育を提供するプロジェクトを支援しています。

大規模な保健、飢餓追放および人間性尊重(3-H)補助金は、他の人たちの自主自助を助長する持続可能なプロジェクトを支援します。

ロータリーの会員は、また、自身の専門的知識、技能を提供し、他の人たちへの思いやりを実証します。毎年、2000件を超える補助金が50カ国でロータリー・ボランティアに授与されています。

ロータリーは、文化の理解を推進し、たとえ別な世界で暮らすようなときでも人々を一つに結び合わせます。
ロータリーの交換プログラムは、国境を超えた、アイデアと自由な交流の機会を促すものです。

ロータリーを通じ、青少年、奨学生、専門職業人は、異なった国の文化や人々に触れ、そして帰国後その新しい知識を他の人々と分かち合います。

ロータリーの短期あるいは長期青少年交換には、毎年約7,000人の高校生が参加します。

ロータリー財団の国際親善奨学生プログラムは、世界でも最大の私設国際奨学金プログラムです。これまで、100カ国からの30,000人を超える学生がロータリー奨学生として海外へ留学しました。
研究グループ交換は、組み合わされた2つの地区が、相互にロータリアン以外の若い専門職業人から構成される研修グループを派遣し、受け入れるプログラムです。

 

Comments are closed.

三次ロータリークラブ バナー

三次ロータリークラブ バナー

三次ロータリークラブのバナー(旗)です。

三次ロータリークラブ

国際ロータリー第2710地区 G12

広島県三次市三次町1843-1
三次商工会議所内
Tel:0824-62-3127
Fax:0824-62-9580
E-mail:m-rc@p1.pionet.ne.jp

アクセスマップ

Powered by WordPress,WSC Project.