国際ロータリー第2710地区 ガバナーあいさつ

  2018-2019年度 国際ロータリー第2710地区ガバナー
吉原 久司
2018-19度RIテーマ

「BE THE INSPIRATION」「インスピレーションになろう」

◇ RI会長の目標優先項目1、「クラブのサポートと強化」に関する目標

① 現会員を維持する

② クラブの会員数を増やす

③ 新クラブを結成する

④ 女性会員、40歳未満の会員、ロータリーに入会するローターアクターの数を増やす

優先項目2、「人道的奉仕の重点化と増加」に関する目標① ポリオ撲滅活動への現金寄附と地区からのDDF寄付を増やす

② DDFを利用した地元や海外での地区補助金ならびにグローバル補助金を増やす

③ インターアクトクラブとローターアクトクラブが地元のロータリークラブや地域社会と一緒に、

奉仕プロジェクト(環境関連プロジェクトを含む)に参加するよう促す

④年次基金への寄付を増やし、2025年までに20億2500万ドルの恒久基金を達成する

優先項目3.「公共イメージと認知度の向上」に関する目標

① ポリオ撲滅におけるロータリーとロータリアンの役割の周知を図る

② ロータリーへの認識を高め、「世界を変える行動人」キャンペーンを推進する

③ ロータリーショーケースとアイデア応援サイトを利用したり、

クラブ史を記録することでロータリークラブのプロジェクトに対する認識を高める

◇ 地区ガバナー信条と地区運営方針【信条】「輝こうロータリー ふたたび!」

【基本目的】「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」

【重点運営方針】

藤中年度に継続して2016年規定審議会での決定事項の各クラブへの深化と情報収集

① クラブの活性化を支援し、新クラブを設立し、会員増強する(特に女性・若人)

② がん予防の普及推進とモニタリング

③ ロータリー財団への寄付と補助金の積極的な活用

④ 好ましい公共イメージを推進し、地区のスポークスパーソンとなる

⑤ 地区戦略委員会とクラブ戦略委員会との連携・協力

⑥ 米山記念奨学会事業の理解と支援

⑦ インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、RYLA、青少年交換の増強・支援

⑧ IT、SNSの活用促進

ロータリーの新しいビジョン声明は「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」と謳っています。ロータリアンの皆様にお願いがあります。我々の活動が終わった後も子や孫の世代までも続くロータリー魂、すなわちより良い世界への切望、そして、より良い世界を作ることは可能だという、心の奥深くにあるロータリアンの自信を呼び起こすことから始めてください。

 

氏名 吉原 久司
所属クラブ 尾道ロータリークラブ
生年月日 1949年11月17日
職業分類 外科医
学歴 1968年3月広島大学教育学部附属福山高等学校卒業
1968年4月日本大学医学部医学科入学
1974年3月日本大学医学部医学科卒業
職歴

1974年4月岡山大学医学部第1外科学教室入局
1979年7月高知県立宿毛病院外科就職
1980年8月岡山大学医学部第1外科学教室帰局
1983年11月尾道市立市民病院外科就職
1986年10月吉原胃腸科外科開業

主公職

尾道市介護保険施設連絡協議会会長
尾道市医師会副議長

ロータリー歴 2004年 3月19日   尾道ロータリークラブ入会
2012-13年度     尾道ロータリークラブ会長
大口寄付者(Level 1)
ベネファクター
ポール・ハリス・ソサエティ
米山功労法人 (医)吉原胃腸科外科
第2回マルチプル米山功労者

 

 

Comments are closed.

三次ロータリークラブ バナー

三次ロータリークラブ バナー

三次ロータリークラブのバナー(旗)です。

三次ロータリークラブ

国際ロータリー第2710地区 G12

広島県三次市三次町1843-1
三次商工会議所内
Tel:0824-62-3127
Fax:0824-62-9580
E-mail:m-rc@p1.pionet.ne.jp

アクセスマップ

Powered by WordPress,WSC Project.